スイッチやコンセントの設置

リフォームの工事で完了してから後悔しやすいのが、コンセントやスイッチの位置と数だそうです。日々の暮らしに大きく影響することだということで、きちんと工事を決めてスタートしなければならないそうです。コンセントの位置や数を決めるのは、間取りのプランニングが終わったタイミングだそうです。

新しい間取りを見ながら、どんな家電をどの位置で使うのかというのを書き入れていくといいそうです。電子レンジ、冷蔵庫、トースター、オーブン、コーヒーメーカー、フードプロセッサー、炊飯器や掃除機などキッチンで使うものだけではなく、照明やパソコンなど仕事場を設ける場合のためのものや、携帯の充電やLANのコンセントも必要となりそうなものを考えていくそうです。すべての場所と使うものを書き込んでいくと、必然的にコンセントの数も決まってくるそうです。パソコン周りのものは、充電が必要だったり、周辺機器のコンセントが多くなったりするので、多めに設けていくのがいいそうです。

コンセントの位置で気をつけたいのが、掃除機のコードが届くかどうかだそうです。いちいちコンセントを差し替えたりするのは面倒なので、広範囲に掃除ができる位置に設けておくのがいいそうです。スイッチは操作しやすい位置に取り付けるそうです。ベッドで照明をつけたり消したりするには、ベッドサイドにないと不便だそうです。取り外してリモコンにするという場合もあるそうです。

また、2〜3箇所で点灯・消灯ができる3路、4路スイッチ、玄関や廊下にセンサーで自動点灯、消灯するスイッチなども設けているといいそうです。

スイッチは昔と比べて大きくて操作しやすくなっているので交換するのもいいそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る