室内建具の選び方

リフォームをするときの建具は、開閉方式から決めていくのだそうです。室内の建具は開き方が三種類あるそうです。一番多く使われているのが、開き戸だそうです。これはいわゆるドアのことだそうです。洋室の出入り口の多くはこのタイプだそうです。

次に多いのが引き戸だそうです。和室で使われてることがとても多いそうです。3つ目が折戸だそうです。クロゼットや浴室の入り口などによく用いられるそうです。開き戸を選ぶ場合は、内開きか外開きかをよく考えることが大切だそうです。向かい合ったドア同士がぶつかることがないようにしなければならないそうです。

また、トイレでは内開きにしてしまうと、中で倒れた場合に、開けられなくなったりするので注意が必要だそうです。近頃は、洋室にも引き戸を用いる人が増えたそうです。引き戸は開き戸よりも使いやすいということで、高齢者向きでもあるといわれているそうです。また、開け放てるということもあって、夏場に風を通すのにも好都合となるそうです。子供部屋の場合などは少しだけ開けておくということで、気配がわかって安心できるそうです。三枚引き戸はバリアフリー浴室の入り口などに向いているそうです。風を通したい場所や物出し入れが多いクロゼットには、折れ戸がいいそうです。

開閉方式を決めたら、デザインや素材を選ぶそうです。合板や繊維板の上に化粧シートや突き板を貼ったもの、シナベニヤを使ったもの、ムク材や集成材に塗装したものがあるそうです。框と呼ばれる四隅に枠がついたものや、ガラス入りなどと、デザインも多様だそうです。予算と内装の雰囲気といったものに合わせて選ぶのが大切だそうです。好みに合わせて造作してもらいましょう。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る