リフォームを機に照明を考える

リフォームを機に照明を考える人も多いそうです。照明の考え方として、均一な光で部屋の中を照らすというものがあるそうです。リフォームをするときに、発想の転換として、ひとつの空間に複数の照明を設置するというのがあるそうです。光の演出効果を楽しむつもりで考えるといいそうです。天井の照明というのは、シーリングライトが主流だそうです。天井に埋め込んでほんかな光を楽しむダウンライト、部分的に光を集中させるスポットライト、天井から吊って食卓などを照らすペンダントライトというものがあるそうです。壁の間接照明として、ブラケットがあるそうです。こういったもの以外にも建築化照明というものがあるそうです。これは光源を隠して、やわらかい光で空間を演出するタイプだそうです。これらの照明を組み合わせて、生活のシーンにふさわしい照明の効果を得られるそうです。

例えば家族の食事を考えたとき、ペンダントライトとダウンライトで集中と分散のバランスを取って落ち着いた空間を作ることができるそうです家族での食事と会話を楽しむことができるそうです。ホームパーティーを楽しむということがスポットライトを加えて華やかな雰囲気にするというのもあるそうです。同じ空間でも照明を効果的に活用することで見違えるような雰囲気になるそうです。照明器具の光源というのは、白熱灯、蛍光灯が主に使われていたそうです。

ここ最近ではLEDが加わって、普及してきたそうです。長寿命とランニングコストの安さもあって人気があるそうです。シーリングライトからペンダントライト、ダウンライトまで、照明器具の種類が揃っていて、普及にともなって低価格化の流れになっているそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る