設備機器の選び方

キッチンやバスといった設備機器を交換するのもリフォームの楽しみだったりするかと思います。設備機器を交換する場合には,リフォームのプランニングの打ち合わせのときにサイズや位置、スタイルの希望を伝えなければならないかと思います。キッチンの場合には間取りにも影響するので、最初にサイズと対面型などといったスタイルを決めておきたいそうです。システムキッチンの間口というのは、サイズ15センチ刻みで選べるそうです。どの程度のサイズが使用可能なのか、位置の変更はできるのかどうかを担当者に聞いて決めたらいいそうです。扉や天板の素材といったものや、水栓、食器洗い機といった機器というものは、基本的な間取りが決まってからでも大丈夫だそうです。

ただ、費用には影響してくるので、工事に着手する前には決めた方がいいそうです。とくに扉の材料のグレードというのは、費用に大きく影響するそうです。システムキッチンは選ばないで、造作工事でオリジナルのキッチンを作るというのもいいそうです。こちらの方はサイズや素材の設定などがきめ細かに決められるそうです。オリジナル造作は、リフォーム会社によっては、できるところとできないところがあるそうです。これも事前に確認したほうがよさそうです。バスに関してもサイズを変える場合には、最初に決めておく必要があるそうです。

システムバスは、一坪や0.75坪などの規格があるそうです。特注でサイズを決めることができるそうです。バスも造作が可能だそうです。会社によっては板張りの壁やタイル張りの床など好みの素材で作れるそうです。洗面化粧台もサイズを決めておくそうです。既製品はサイズが規格化されているそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る