浴室の空間にこだわりを

浴室のリフォームというのは、システムバスを選ぶか、造作するかで大きく変わるそうです。システムバスというのは、費用的に造作よりも安くなるそうです。施工も均一に仕上がるという安心感もあるそうです。

ただ、個性的に仕上げたいならば造作を選んだほうがいいそうです。特に一戸建ての場合は、サイズも事由になるそうです。窓の設け方も工夫できるそうです。窓は庭と関連というのを重視して設けると、浴槽は広さを確保してゆったり入れるようにしたらいいそうです。

また、内装に木を多用すると、見た目から温もりを感じられるそうです。石やタイルを自由に使うことができるというのも造作浴室の魅力でもあるそうです。風呂に必要なものとしては、風呂のリモコン、手すり、緊急ブザー、鏡、天井換気扇だそうです。あると便利なのは、換気暖房乾燥機、ミストサウナ、収納ボックスだそうです。白熱灯は心身を癒す温かみがあるそうです。窓の影が映るのを防止するようにしなければならないそうです。足元まで明るくするそうです。

湿気が多くてカビや臭気が発生しやすいという場所なので、積極的な換気を心がけないといけないそうです。冬場は他の部屋との温度差をできる限りなくした方がいいそうです。できれば小窓を設けたほうがいいそうです。リフォームは、浴室のみか、それとも脱衣室、洗面室もするのかどうか、バランスを確認しないといけないそうです。採光や通風など、窓の位置を再確認するのだそうです。温熱環境に配慮しないといけないそうです。施工が変わるために、在来工法にするかユニットバスにするかを考えないといけないそうです。将来を考えてバリアフリーの視点からも考えたほうがいいそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る