リフォーム工事の支払い時期

通常、リフォームの工事費は、一括で支払うことはあまりないと言われているようです。たとえ小規模なリフォームであったとしても、まず着工前に約半額程度を支払い、その後、工事が完了してから、残りの支払いをするというのが一般的と言われているようです。

これが、大規模な工事になった場合、契約したとき時、着工した時、竣工後というように分けて支払う回数が増えていくことが多いと言われています。場合によっては、工事の中間地点での支払いという場合もあるようで、工事の規模によっては4回という場合もあるそうです。着工時の支払いや、工事途中での支払いとは、材料費や人件費の前金といった意味合いがあり、建築業界では慣例的とも言われている仕組みと言えるでしょう。

もちろん、支払いの回数や時期などは会社によって様々と言えるため、支払時期は早めに確認しておくと良いでしょう。支払時期と回数は早めに決定し、契約書に記載しておくのもいいでしょう。ローンを利用する時は、支払時期と金額に合わせて融資の実行をしてもらうよう手続きをしておくと良いでしょう。金融機関によっては相談に乗ってくれるそうなので、事前に相談しておくとよいでしょう。

竣工後にまとめて支払いが実行されるという場合は、工事途中で支払いを行うため、別の融資を受けなければならないという場合もあるでしょう。これは「つなぎ融資」と呼ばれ、利用したい場合、その期間の金利が発生するため、その分の利息も支払うことを念頭に置いておかなければならいないでしょう。通常の住宅ローンよりも金利が高くなる場合があるため注意が必要といえるのがこの点でしょう。

竣工後、住宅ローンが実行された時に金利分も含めて精算されるので慌てないよう注意しておきましょう。中古住宅を購入し、リフォームをするといった場合には、先に購入費用を払わないといけないため、つなぎ融資を利用しなければならい場合も多いようです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る