内装のリフォームの手間と費用

内装のリフォームは、床や壁が劣化するほど手間と費用がかかるそうです。施工方法を決めて、材料を選択するそうです。床と壁どちらも、大きく分けて2つの方法があるそうです。

一つは既存の床材や壁材を残したまま新しい材料を重ねて施工する方法だそうです。床の下地からやり直したり、断熱材を入れたりといったいことをするそうです。もう一つは、既存の床材や壁材を残したまま新しい材料を重ねて施工する方法だそうです。フローリングの場合なら、下地がしっかりしていたらその上に重ねてフローリングを施工することができるそうです。ただフローリングというのは、12〜15ミリの厚さがあるということで、それだけ床が高くなってしまうそうです。建具が開閉できなくなったり、キッチンが低くなったりとデメリットもあるそうです。それを避けるためにも薄い重ね張り専用のフローリングを採用する方法もあるそうです。たわんだり、きしんだりする場合は、下地に問題があるそうです。張替えをしたほうがいいそうです。

一方で、ビニールクロスの上に重ねてビニールクロスを張るというのは、ノリがつかないので通常やらないそうです。ペイントはできるそうです。珪藻土や漆喰にもビニールクロスの上から塗れるように加工したものがあるそうです。ただし、既存のビニールクロスが剥がれていたり、傷がついていたりすると、この方法でやらないほうがいいそうです。

既存のものに重ねて施工する場合は、既存材の解体、撤去費用がかからない分、安く工事ができるそうです。床の張替えのときには大きな騒音が出るそうで、ホコリも立つそうです。そうしたことを避けられて、短い工期でできるというメリットがあるそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る