廊下のリフォーム

廊下というのをただの通路にしておくのはもったいないそうです。リフォームをすることで、廊下を生まれ変わらせるということもあるそうです。廊下の壁際にカウンターを設置したりすれば、接客スペースや収納、飾り棚などとして活かせるそうです。

その際は、最低でも幅60センチは通路として残しておくそうです。カウンターは手を置けたりするので、手すりの役割を兼ねることもできるそうです。書棚を造作したら、ちょっとしたライブラリーになったりすそうです。親子のコミニケーションにも役立ったりするそうです。壁を凹ませてニッチを設けたりすると、通路を狭くしないで楽しい空間ができるそうです。

必要な設備としては、掃除用コンセント、一般のコンセントとなるそうです。あると便利なのは、インターフォン、天井換気扇、パネルヒーター、ピクチャーレールとなるそうです。LED段ライトで天井をスッキリさせたらいいそうです。建築化照明、壁付照明などでやわらかい雰囲気をつくるそうです。壁紙の張替えなどで、既存のスイッチの汚れが気になったら取り換えたらいいそうです。

廊下が部屋に囲まれているという中廊下の場合は、採光しづらかったり湿気や臭気がたまりやすいということがあるそうです。その場合は天井換気扇を設けたらいいそうです。居室側から高窓を利用して、風のとおり道を作るそうです。玄関や階段との関係性での廊下の役割を考えるそうです。廊下の幅を一部広げたり、ニッチを設けたりするそうです。廊下の幅は一般的に80〜90センチ程度だそうです。廊下の壁厚を利用して本を置きたいという考えなら、奥行きは10センチを目安にするといいそうです。床材や壁材はよく吟味するとよいそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る