玄関のセンスアップと機能性

玄関というのは、住まいの顔と呼べるものだそうです。リフォームをする際には、機能的に高めて、なおかつセンスアップを狙うといいそうです。玄関で必要なものは、ゆっくりと開閉する玄関扉、将来、手すりを設置するための、壁の中の下地だそうです。あると便利なのは、電気錠、寒冷地であれば、玄関を暖める壁パネルヒーターだそうです。予備のコンセントも必要だそうです。全体照明のほかにブラケットや足元灯を併用するそうです。暗い外から入ってくるということで、明るすぎないというのも大切だそうです。

玄関から廊下へは、3路スイッチを併用するそうです。玄関から廊下へは3路スイッチを併用するそうです。遅れ消灯なども取り入れるそうです。遅れ消灯というのも取り入れるとよいそうです。下駄箱など履物収納は湿気やカビ、臭気の原因になるということで、内部空気の循環を図るそうです。

気になるようならば、除湿機を設けるスペースやコンセントを設けているといいそうです。バリアフリーの視点からも考えることが大切だそうです。駐車場との関係と、玄関ポーチと上がり框の段差を考慮するそうです。玄関収納スペースは十分かどうかをチェックすることも大切だそうです。土間との段差が気になっているという人も多いかと思います。その場合は、式台を設けるということをしたらいいそうです。明るくしたいのなら、ホールの奥に地窓を設けるのもいいそうです。華やかにするならば、飾り棚を設けるというのもいいそうです。リフォームを機に玄関収納を増やす人も多いそうです。土間続きに大きな収納があると、靴だけではなくてコートやバッグ、傘など玄関先にあると便利なものをしまることができるそうです。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る