窓のリフォーム

窓の位置や大きさというのを考えないといけないそうです。今の窓の位置で風通し、日差しの入り方というのをチェックしてみるのだそうです。リフォーム会社や建築家に相談するという方法でもいいそうです。日差しや風通しが十分ではないと感じたら、窓の位置やサイズの変更や窓の追加などを検討したらいいそうです。構造に影響がないようならば、窓の位置変更や追加が可能になるそうです。例えば、腰高の窓を掃き出し窓にすると、サイズは大きくなるそうです。

また、耐力壁ではない壁の場合は、窓を追加できる可能性があるそうです。風通しのための小窓程度ならば、すぐに追加が出来たりするそうです。設計者に頼むときは、夏と冬の日差しの方向や、風の流れをしっかりシミュレーションしてもらうようにするそうです。最小限の変化で最大の効果があがるように工夫してもらうそうです。窓の変更は構造が絡むものだそうなので、耐震性の確保を慎重に配慮してくれるように依頼することが大事だそうです。内部の間取りもなるべく開放的にしたほうがいいそうです。光や風を取り入れやすくなるそうです。

今住んでいる家が間仕切りの多い間取りなどならば、部屋数を減らしてみることができるかどうかを考えたらいいそうです。窓を増やせないマンションでも、間仕切りをとるだけで、明るく風通しがよくなるそうです。ドアを引き戸に変えたり、夏場に開け放しておけば風通しに役立つそうです。

一戸建ての場合は、吹き抜けを設けるのも採光通風をよくする効果的な方法だそうです。夏は涼しく、冬は暖かい住まいというのを実現するために、断熱と遮熱、採光通風を合わせて考えることが大切だそうです。快適に過ごせる家にしましょう 。

リフォームで遊びのある住まいにしよう!LILY のTopへ戻る