不動産担保ローンで教育資金

子供の大学の学費と生活費は多額のお金が必要

子供の大学の学費と生活費は多額のお金が必要 / 金利の低い不動産担保ローン / 現地調査から融資まで掛かった時間

九州でサラリーマンをしている一児の親です。
今度、娘が東京の大学に合格して大学に行くにあたって教育資金を得るために不動産担保ローンで融資を受けました。
ここでは、その体験談について述べます。
何分このようなことは初めてなもので、色々と戸惑ったこともあるのですが勉強になりました。
このようなことを皆さんと、共有できればと思います。
私はサラリーマンをしていますが、地方の会社ということもあって給料もそう高くありません。
したがって子供を東京に住まわせて学費まで出すという事で、経済的に少し厳しいものがあります。
その様なことから、教育資金を何とか工面する必要があった訳ですが、大きな金利の借金を負うのはあともあり、できるだけ避けたいと思いました。
幸い今住んでいる家は、親から相続したものでローンもありませんので私の場合は幸いでした。
ローンをしようと思った際に、その可能性を見るために様々な形のローンを探してみました。
その様の中で感じたのは、消費者金融はもちろん、無担保ローンというのは金利が高いということでした。
まだサラリーマン生活は長いので、時間をかければ返済はできるのですが、金利が高いとどうしても生活に圧力がかかってしまいます。
子供の教育と自分たちの生活を両立するためにはどうしたらいいかと考えました。